たいせつなひとを、おもいだすとき

ミユキさんは、縫い上がった「ねこ」の横にちょこんと座り、話を始めました。

gh_izumino_160314_01
「ねこ」というのは、長野県南木曽町の伝統的なちゃんちゃんこのような防寒具のことです。「ねこ」は普通のちゃんちゃんこと違い、作業がしやすいように、袖と前身頃がなく、背中をあたためるようにできています。

gh_izumino_160314_13

あのハタの時は、吉田さんのために頑張ったのよ。吉田さんの顔をつぶしちゃいけないって。」

話し始めたのは、2015年夏の小屋フェスのガーランドづくり(ミユキさんたちはガーランドのことを「ハタ」って呼んでいます。)のこと。
小屋フェスの企画運営をしていたSuMiKaの萩原菫さんから吉田くんがガーランドづくりを請け負うお話をいただいて、みんなで内職をした時のことです。

gh_izumino_160314_02
吉田くんはグループホームいずみののマネージャー。
認知症フレンドシップクラブ富士宮事務局や、認知症フレンドリージャパン・イニシアチブでも活躍しています。

「ハタは本当に必死になってやったわ。
終わってから、吉田さんと話したの。今度は次にやる内職探すのに、私が営業に行くわって。
でもそう言ってるうちになんだか忘れちゃっていて、毎日今度は木目込み細工(手芸)ばっかりやってたら、えらいたくさん作っちゃって。それを親戚にあげたりしていたの。親戚にもみんな行き渡って次は何をやろっかしら?と思って。
それで主任さんにラブレター書いたの。『私の人生はこれからどうやっていったらいいか?』って。そうしたら、主任さんから、私たちで何かやろうよって返事が返ってきたの。」

すごく深刻な内容のラブレターだったんですね。


きっかけは、できたらやってみようかな?

「冨田さんが毎日「ねこ」を着てるのを見て、冨田さんのおばあちゃんが作ったのを見せてもらったのよ。で、これだ!って思ったの。」

gh_izumino_160314_03
冨田さんはホームのある泉野で生まれ育った地元っこ。地域の方とグループホームいずみのを繋いでくれる、笑顔の素敵な人です。そしてその冨田さんのおばあちゃんは、料理、漬物なんでも上手なおばあちゃんで、時折差し入れをいただくこともあります。

ミユキさんは、毎日日記をつけています。
そうすると、いろいろ忘れちゃってても日記が覚えてくれてるから便利だそうです。

日記を見ると、
 1/8 着物を解き始めた。
 2/17 ねこづくりに取り掛かる。今日は裁断です。
と書いてあります。

「冨田さんのおかげで、いろいろ教えてもらってできるようになったよ。
でも、ミシンの使い方とか、本当に苦労したよ。昔のものは簡単、最近のは何が何だかよくわからなかった。
最近は、1日3時間くらいかしらって思って始めるんだけど、気がつくと夕方までやっちゃうのよ。
夢の中でも、『ここの紐のところがおかしいな』ってもぞもぞしたり、トイレに座ってても作業してる時の手の感じがあるの。
夢中になるってこういうことね。
楽しいってないじゃん。いく枚できたって、楽しくて。」

gh_izumino_160314_04
声を弾ませて、楽しそうに冨田さんと一緒に話をしています。
冨田さんと話していると、物置小屋の話になりました。

ミユキさんをはじめ、グループホームいずみののおじいちゃんおばあちゃんたちは、庭の畑で野菜作りをしています。
畑も少しずつ大きくなってきて、農機具もちょっとずつ増えてきました。
昨年からのみんなの気になってることは、農機具の置き場所。

gh_izumino_160314_05
「雨ざらしじゃなくて、物置が欲しいって思うんだけど。高いでしょ。
だから内職して、足し前にしようって思って。
内職がてら、物置小屋が1つでもできると嬉しいなって。
毎日作ってると、内職して、小屋の1つや2つ建てるかって気持ちになる。」

後で冨田さんに聞いてみたら、ミユキさんは畑で収穫したものを使ってみんなで作る漬物の桶も置けるような小屋も欲しいそうです。
だから2つなんだ・・・


値段はどうやって決めるの?

「古い着物を解いて使ってるから、一つひとつ生地が違うのよ。縫っててもわかるよ。
だから、生地によって出来栄えも違うし、傷やシミがあるのもあるからね。
値段って言っても、私一人じゃ決められないね。」
ミユキさんは「私にはムリムリ」っていう感じで、話してくれます。

gh_izumino_160314_06
「ねこ」の材料にしている古い着物は、いろんな人の思い出が詰まった、大切にしまってあったものを頂いたもの。
傷があったり、シミがあったり。
そういう一つひとつの傷やシミに、もしかすると素敵な物語があるのかもしれません。
私たちが毎日使っているものにある傷やシミと同じ。
あの時の傷、あの日のシミ。

大切にされてきた着物の生地を頂いて、それを使ってみんなで作っているのだからと、いくらって決めるときには、みんなで話して決めることにしたようです。


みんなで分担作業

「古い着物は、主任さんがもらってきたり、集めてくれるの。」
ミユキさんは、アイロンがけの前の解かれた着物の入った袋を見せてくれます。
「これ、1階の人達がみんなで解いてくれて、糸くずなんかを取ってくれて。」

gh_izumino_160314_07
「そうやって解いたのを、次に私がアイロンかけて、日達さんが裁断してくれるの。」
日達さんは裁断を担当しているホームのスタッフ。
ミユキさんが夢中になって縫うのに間に合うように、一生懸命裁断してくれているそうです。

「で、それをミシンで縫うのが私のしごと。」
肩紐を縫った後、ひっくり返すのは1階の人達の仕事だそうです。
「そして最後の仕上げ、縫い上がったのに、綿を入れて閉じるのは、今は冨田さんがやってくれるの。本当に冨田さんのおかげ」


ホームのスタッフは、毎日おじいちゃんおばあちゃんと過ごす中で、いつもできそうなこと探しをしていて、「これ、どうやって解いたらいいのかな?」とおじいちゃんおばあちゃんが入ってきやすいように工夫したりして、しごとの分担をしたりしているそうです。


着物を解いている人たち

着物を解く作業をしていたおばあちゃんたち、時におしゃべりしながら、楽しそうにしごとをすすめていきます。
「あんまり見られて照れちゃうよ。」

gh_izumino_160314_08
丁寧に手で縫われた着物を解くおばあちゃんたちも、それが縫われた時と同じような、丁寧な手つきで糸を切っていきます。

みんなでつくった「ねこ」を着て、ベランダに出て写真を撮りました。
「なんだか照れくさいね」
って言いながら。

gh_izumino_160314_09

毎日、やりたくってしょうがないの。

ミユキさんのところに戻って、また話始めました。
「吉田さんとは、ダイエットのために毎日散歩するって約束したんだけど、気がつくとミシンの前に座ってる。」
吉田くんは、ミユキさんのケアプランをつくっているケアマネージャーでもあります。ケアプランの中で、運動としての散歩を提案してみたそうです。

でも、歩いてるより、やってる方が楽しい。
楽しくてときめいちゃったの。

小言言い言い、30枚。いろいろ小言言い通しやってるの。
私って、何かやりだしたら止まらない方なんだけど。
で、疲れたらキューピーゴールド飲むのよ(笑)」

gh_izumino_160314_10
ミユキさんは話が終わると、お茶を飲みに行きましたが、またすぐに戻ってきてミシンの前に座っていました。


冨田さんのおばあちゃん

ミユキさんが作るきっかけになった「冨田さんのおばあちゃん」に話を聞きに行きました。
冨田さんのおばあちゃんが「ねこ」を作り始めたのは、娘さんがくれた一枚の「ねこ」がきっかけ。それを自分でもつくってみて、近所の人たちにあげたのが始まりだそうです。
「作業したりするときにもちょうどいいし、背中があったかいよ」

gh_izumino_160314_11
近所の人がお茶を飲みにやってきました。
で、その方の背中にも「ねこ」
「これ、冨田さんからもらったのだよ。」


いずみのおばあちゃん縫製所、始まります。

私たちは、こんな風におじいちゃんおばあちゃんが「はりあい」で楽しくつくっている「ねこ」をいいねって思ってくれる人に着てほしいと思います。

昔懐かしい、あげて、貰って、お返しする。
積み重なり合う、物と気持ち。

どうやったら「ねこ」をあなたにお届けして、そういう循環が始められるのかなと考えて、つくった「ねこ」を販売してみようと考えました。

「ねこ」をあなたにお届けするのと交換に頂いたお金の使い道は、次の「はりあい」のための道具代だったり、材料費だったり、物置小屋を建てる足しだったり、おばあちゃんたちが決めます。
あなたの手元に「ねこ」が届いたら、着ている写真をおじいちゃんおばあちゃんに送ってください。
この人の元に届いたんだ、って嬉しくなると思います。
それが、次の「はりあい」に繋がります。


そんな「はりあい」の循環のための「ねこ」販売サイト
「いずみのおばあちゃん縫製所」
が始まります。

gh_izumino_160314_12
たいせつなひとを、おもいだすとき
誰かの思い出の着物が、おばあちゃんの手しごとで、あなたの新しいものがたりの背中をあっためます。


「はりあい」の循環のための「ねこ」販売サイト

Facebookページもチェックしてみてください。
いずみののおばあちゃんたちの日々の様子と、ねこを通じたあなたとのコミュニティ

2016/03/29

小屋フェスのガーランドを作ろう! (制作編)

こんにちは。
グループホームいずみのです。

小屋フェスを彩るガーランドの制作を受注したのが前回のお話でした。

そこから約2週間後の納期に向けて早速制作開始!
利用者さんも職員も一緒になって取り組んでおり、リビングの一部が徐々に工房化していきました。

gh-izumino_150729_1
翌週からの新規の入居者さんが増える前に「片付けておかないと〜!」と話していましたが、結局片付けられず。
片付けるどころか工房化に拍車がかかることに・・・。


gh-izumino_150729_2
この日はいつも庭の手入れをしてくださっている利用者さんのご家族も手伝ってくださり、スピードアップ!
「今日は草取りに来たつもりだったのに・・」など話されながらも、みんなでワイワイ切ったり縫ったりしていました。

あとで手伝ってくれたご家族の方に伺うと、「おばぁちゃんは本当に上手で、私なんか全然かなわないわ」とおっしゃっていました。
確かに、私たちスタッフはもっとかなわないです。

おかげさまで少しずつカタチになり、実際に天井にかけてみることで出来上がりのイメージができたようです。

gh-izumino_150729_3

日によって時間帯によって、そのときそのときで参加される方は別々ですが、みなさん「ガーランドを作る!」という目標のために自然と声を掛け合い、協力し合って作業している光景が印象的でした。

gh-izumino_150729_4 gh-izumino_150729_5 gh-izumino_150729_6

そんな作業が佳境に入ってきた頃、長野日報さんと信濃毎日新聞さんに、ガーランド制作の様子を取材していただきました。
前日に取材に来ていただくことが決まり、そのことをみなさんにお伝えすると、

「新聞?まさか!?」

「どんな顔して話せばいいの?」

「明日はみんなおめかししなきゃいけないね!」

「おめかししすぎて”おめさん誰だい?”なんてことにならなきゃいいいけどね(笑)」

などと盛り上がっていました。

前日の心配はどこ吹く風で、みなさん普段通りのお仕事の様子を見ていただき、どんな想いで仕事をしているか、仕事を通してどんなことを感じているのか、などを記者さんにお話しされていました。

gh-izumino_150729_7 gh-izumino_150729_8
私からも、認知症になっても、要介護状態になってもできることがたくさんある。介護施設で暮らすことになっても、社会との繋がりを持ち続けることはできるし、社会から必要とされる人であり続けることもできる。このプロジェクトはそんなことへのチャレンジでもあることをお話させていただきました。

そしてその取材の様子が記事になったのがコチラです。

gh-izumino_150729_9 (長野日報社さん)

gh-izumino_150729_10 (信濃毎日新聞社さん)


そして納期の前日にようやくガーランドが完成!!(祝)

完成したときのとある利用者さんのコトバ。
「毎日やることがあるってのははりあいだね。」

はりあい、って素敵な言葉だと思いました。

主体的な参加、楽しみ、手を動かす面白さ、達成感、仲間との共同作業、みんなに喜んでもらいたいっていう気持ち。
暮らすってこういうことの積み重なりなのかなと気づきをもらいました。

gh-izumino_150729_14
いよいよ納品の時。
菫さん(バウム)と、徳永さん(グランドライン)にチェックしていただきます。

「きれーい!」
「いい色ですねぇ」
「綺麗に巻いてあるから飾り付けしやすそう!ありがとうございます。」

素敵なお言葉をいただき、ホッと一安心。
無事納品することができました。

gh-izumino_150729_11 gh-izumino_150729_12 gh-izumino_150729_13
“グループホームいずみの”のみなさんが作ったガーランドが、小屋フェスの会場を彩っているのを見るのが、今から楽しみです。

そんな小屋フェスは7月25日〜8月2日まで開催しています。
運が良ければいずみののおばあちゃんたちにも会えるかも!?

2015/07/29

小屋フェスのガーランドをつくろう! (受注編)

こんにちは。
グループホームいずみのです。

みなさん、今月末に茅野で行われる小屋フェスってご存知ですか?
https://sumika.me/koyafes/

もしご存知ない方は、URLをチェックしてみてください。

簡単にご説明すると、八ヶ岳の麓で、小屋を作ったり、小屋に泊まったり、美味しいご飯を食べたり、芝生の広場で音楽に浸かったり、というフェスです。開催時期は、7月25日から8月2日です。

そんなワクワクなイベントの雰囲気を彩るガーランドという装飾の制作を、地元のおばあちゃんにお願いしたいと、先日企画担当の菫さん(バウム)からお話しをいただきました。

gh-izumino_150709_1 (ガーランドとはこんなハッピー感溢れる装飾です。)

今日はその制作の説明に、菫さん(右)と徳永さん(グランドライン)(中)に来ていただきました。
左は今回のプロジェクト担当スタッフの吉田です。
gh-izumino_150709_2
おばぁちゃん達からは、
「ミシン使えばアッという間ね!」
「コレはアイロン使った方がやりやすそうね」
「生地からこういう取り方でもいい?」
など頼もしいコトバの数々が飛び出てきました。

gh-izumino_150709_3
納期は小屋フェス開催前までの2週間。
少し忙しい日程ですが、グループホームのおばぁちゃん達が制作したガーランドが、小屋フェスの会場を彩っているのをみんなで見上げるのが楽しみです。
そして戴ける報酬で美味しいご飯を食べに行きたい!という楽しみも!?
みんなで頑張って作りたいです!!

ガーランドの制作を通して、認知症になっても、要介護状態になっても、介護施設に入居することになっても、地域の役に立つことができる、報酬を得て仕事をすることができる、ということをおばぁちゃん達に感じて欲しいです。

私たちにとってのチャレンジ、皆さんとも一緒に体験してもらえるように、ブログ、facebookで発信していければと思っています。

2015/07/09

スタッフBLOG

3つのホームからの
HAPPYのお裾分け。

ホーム案内

つながりの場所。3つのホーム。