うれしたのしお正月

CH豊平 日々の様子


あけましておめでとうございます。

お正月ですね〜。
特別な気持ちになるこの季節。
ホームでもお正月を楽しんでいただこうと、いろいろと工夫しています。

まずはお飾り!
玄関、リビング等お正月飾りで綺麗に飾ります。
鏡餅!の後ろのツルは、利用者さんの手作りです。

ch-toyohira_150105_1
ch-toyohira_150105_2
玄関の飾りは、シルバー人材センターから購入したもの。
シルバー人材センターとは、この地域では「シルバーさん」と呼ばれ、親しまれているシニア世代のお仕事集団です。

続いて、おせち!
お正月の楽しみですよね。お赤飯も炊きました。

ch-toyohira_150105_3
ミキサー食の方にもおせちを楽しんでもらいたい、と品数たっぷり。
(※ミキサー食とは、噛む機能や飲み込む機能が弱い方向けのペースト状の食事です。)

ch-toyohira_150105_4
最後は遊び!
お正月らしいことしよう!ということで『日本昔話かるた』をしました。

『耳が遠くてダメだあ〜』
『もう身体が動かなくて・・・』

と自信なげだった利用者さんも、いざ始めると白熱のかるた大会になりました。

ch-toyohira_150105_5
かるた大会の翌日、
職員から『もっとみんなで楽しめることがしたい』という意見が。

かるたは比較的身体がよく動かせる方に有利になってしまい、
手を伸ばせない、言葉が聞き取れない、目が見えにくい利用者さんは
一緒に楽しむことが難しい。

みんなで頭を悩ませた末、
『福笑い』はどうかという話になりました。

急遽利用者さんと画用紙をちょきちょき・・・
手作り福笑いをみんなで楽しみました!!

ch-toyohira_150105_6
職員『ちゃんとタオルあたってますか?見えないですか?』
利用者さん『ええ、大丈夫です。うっすら見えます。』

・・・見えてちゃダメです。笑

ch-toyohira_150105_7
こちらの方は見えていなかった模様。
目隠しを外してびっくり!のお顔。


手が伸びなくても、目や耳が悪くても、
みんなでいっしょに楽しめる伝統の遊び。
日本のお正月に福笑いがあってよかった!

いろいろな制約がありますが
見て、食べて、笑って、楽しいお正月を過ごしてもらえたのではと思います。

皆様も良いお年をお過ごしください。


2015/01/05

スタッフBLOG

3つのホームからの
HAPPYのお裾分け。

ホーム案内

つながりの場所。3つのホーム。